脳内ライブラリー~1980年代に想いをはせて~

1980年代の大好きだった音楽やアイドル、漫画などを思い出して懐かしむブログです。インターネットのなかった時代、自分の記憶を頼りに思い出すまま勝手気ままに綴っていきたいと思います。

1990年12月の人気カラオケランキングBEST30

こんにちは、namiheiです。

80年代ではないのですが90年代の明星(MYOJO)の付録、ヤングソングが私の実家から出土されました。

f:id:bibiannu73:20210909151926j:plain

MYOJO1990年12月号付録YOUNG SONG

1990年12月号、表紙はアイドルグループribbon(リボン)です。

 

f:id:bibiannu73:20210926164401p:plain

namihei

ribbonってどんなアイドル?メンバーは今、何をしているの?

 

ribbonとは

 ☆ribbon(リボン) 

    ・テレビ番組内「乙女塾」から生まれたアイドル。

    ・活動期間1989年~1994年。


 ☆メンバー ・永作博美(1970年10月14日生まれ茨城県出身)

           現在女優・タレント・歌手として活躍中。

       ・松野有里巳(1973年2月13日生まれ東京都出身)

           芸能活動を続けながらエアロビクススポーツインスト

            ラクターとして活躍中。

       ・佐藤愛子(1973年10月22日生まれ埼玉県出身)

           ribbon活動休止後、タレントとして活躍、結婚引退。

 

表紙の特集を見ると、「発表!あなたが選んだカラオケ・ソングBEST30」とあります。

 

ああ、もう何年カラオケに行ってないだろう。

いつまた行けるようになるんだろうねぇ。

 

それはさておき、

ちょっと見てみよう。

 

20210918122400

1990年MYOJO12月号付録YOUNG SONGより
発表!あなたが選んだカラオケ・ソングBEST30

30位→21位

30位 心の旅 吉田栄作

29位 働く男 UNICORN

28位 乾杯 長渕剛

27位 あー夏休み TUBE

26位 ENDLESS RAIN X

25位 M PRINCESS PRINCESS

24位 Diamonds PRINCESS PRINCESS

23位 浪漫飛行 米米CLUB

22位 ”T”intersection やまだかつてないWINK

21位 今すぐKiss Me LINDBERG

 

現在の正式名 X JAPAN(エックスジャパン)は今は通称 ”X"(エックス)で通っているが、当時はそのまんま ”X” (エックス)の一文字が正式名称でした。

 

令和の時代になりほとんど耳にしなくなった名前もあります。

”やまだかつてないWINK”。

当時、押しも押されぬバラエティ女王だった山田邦子さんの番組「邦ちゃんのやまだかつてないTV」から生まれたWinkなユニットでした。

相田翔子ポジションには山田邦子、鈴木早智子ことサッチンのポジションには、番組内の物まねコーナーから出てきた可憐な少女、横山知枝ちゃんという、ものすごく年齢差のあるアイドルユニットなのでした。

ちなみに彼女らの卒業ソング「さよならだけどさよならじゃない」はとてもかわいい名曲です。(作曲はKANさん!)

興味のある方はどうぞYouTubeなどで探してみてくだされ。

続きを行きましょう。

 

20位→11位

20位 夜明けのブレス チェッカーズ

19位 OH YEAH! PRINCESS PRINCESS

18位 夏の友達 CoCo

17位 愛が止まらない Wink

16位 情熱のバラ THE BLUE HEARTS

15位 真夏の果実 サザンオールスターズ

14位 にちようび JITTERIN’ JINN

13位 さよなら人類 たま

12位 ガラスの十代 光GENJI

11位 Little Birthday 光GENJI

 

ここにもランキングしている乙女塾出身のアイドルグループがいます。瀬能あづさ、三浦理恵子、宮前真樹、羽田恵理香、大野幹代の5人からなるアイドルグループCoCo。

 

女性のアイドル氷河期といわれたこの時代にも、ちゃんと歴史に名を刻んだアイドルはいたのです。

ちなみにこのCoCoの「夏の友達」のカップリング曲(昔は8㎝CDシングルなるものがあったのだよ、令和の若者諸君・・・)は私のかつて愛したH2Oが歌っていた「想い出がいっぱい」です。

 

サザンの真夏の果実は今も好きでよく聴きたくなる一曲ですが、リリースされたのが30年前というのが驚きだ。全く古さを感じさせない名曲。

 

そしていよいよベスト10の発表。

 

10位→1位

10位 WEEK END X

9位 女神たちの冒険 中山美穂

8位 Sexy Music Wink

7位 パラダイス銀河 光GENJI

6位 P.S. I LOVE YOU  PINK SAPPHIRE

5位 CO CO RO 光GENJI

4位 Dear Friend 中森明菜

3位 おどるポンポコリン B.B.クィーンズ

2位 夜にはぐれて Wink

1位 千流の雫 工藤静香

 

光GENJI強し。30位以内に4曲ランクイン。

当時ジャニーズは少年隊、男闘呼組、光GENJI、忍者が活躍していた。このころまだSMAPはデビューしてなかったけれど、グループはすでにあったので私は友達と一緒に推していたものです。

なんのアイドル雑誌かは忘れてしまいましたが、キムタクの記事を切り抜いては透明なファイルに挟み、こっそり授業中に眺めては楽しめる下敷きとして使っていたものでした。(その片面には少年隊!)

 

そして光GENJIの人気が陰りはじめたころ、かれらは一人ずつばらばらに、地方にある大きめの商業施設にプロモーション活動に行かされることになりました。

 

ジャニーズの!!大スターが!!この田舎にも!!来るっ!!!!

 

光GENJIファンの友達はものすごく沸き立っていました。

 

私たちの住む町の一番近くの商業施設にはヒロ君がやってきたのですが、沸き立っていた私の友達はバンジーのファンだったので、「なんだよ、ヒロ君かよ!」とぼやいていたことを思い出します。

彼女はぼやきまくりつつも、しっかりイベントには参加していたのでした。

参加した後もぼやいていました。そして30年経った今もまだその話になるとぼやくのでした。

 

そしてWinkも3曲ランクインしていますが、私は彼女たちのビジュアルが大好きでした。

笑わない、というか、そういう設定。

関西でいうと「メンバメイコボルスミ11」。いや、彼女たちはお笑い芸人だったけど、本人たちは笑わない設定でやっていたところにWinkと通ずるものを感じていたのです。

 

・・・ってだれが興味あるねん、メンバメイコボルスミ11!!

つーか、知っている人、いますかぁ・・・?

 

また同じように3曲ランクインしていたPRINCESS PRINCESSことプリプリは、当時の中高生のバンドガールズたちにとってあこがれの的でした。

アイドル的ルックスで実力を兼ね備えたプリプリ。(実力があったのはオーディションで選りすぐられた逸材のグループだったからです。)

そしてランクインはしていませんが、プリプリとは真逆といっていい、その存在がエロかっこいい大人な女性バンドがSHOW-YAでした。

当時ライバル的なこのふたつのバンドは仲が悪いと面白おかしく噂されることもあったのですが、実はとても仲良しだったというのは双方のファンにとってはうれしいエピソードでした。

1990年12月、明星によるカラオケ・ソングBEST30いかがでしたか。

あれこれまとまりなく綴ってしまいましたが。

最後にribbonファンに懐かしのもう1枚を。

20210918132737
指先が写っちゃってごめんなさい!

ではではこの辺で。。。